フィクションの宴

プライムビデオで視聴可能な映画を中心に、評価・紹介していきます。最下部にのみネタバレを含む感想を記載しています。

【偏見的評価で55点】映画:グリーンブック

「ドクターは北部なら」 「チヤホヤされ3倍の金を稼げた」 「だが自らここに来た」 監督:ピーター・ファレリ 日本公開:2019年3月

【偏見的評価で59点】映画:シャザム

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ 日本公開:2019年4月

【偏見的評価で57点】映画:アクアマン

作家のヴェルヌは「海に漂う2隻の船は、風と波がなくとも出会う」と言った 監督:ジェームズ・ワン 日本公開:2019年2月

【偏見的評価で75点】映画:特捜部Q Pからのメッセージ

「他の両親は警察に通報していない」 「警察より神を信じているからだ」 「あなたたちは」 「子供たちを見殺しにして生きていけるのか?」 監督:ハンス・ペテル・モランド 日本公開:2017年1月

【偏見的評価で60点】映画:特捜部Q キジ殺し

「彼らは惨めな天使なの」 「空の断片が落ちて目に入る」 監督:ミケル・ノルゴート 公開:2014年

【偏見的評価で85点】映画:ブレイン・ゲーム

「痛みに耐えかねて解放してくれと泣き叫ぶ姿が見えたんだ。」 「彼らが願う前に痛みから救ってやった。」 監督:アフォンソ・ポヤルト 公開:2018年10月

【偏見的評価で74点】映画:プロスペクト

「分前は折半」 「当然だ」

【偏見的評価で42点】映画:ミッシング ID

「まだ夢をみる」 「女性が立ってて僕に子守唄を」 「そして襲撃…」

【偏見的評価で66点】映画:特捜部Q カルテ番号64

「神に見捨てられ」 「政府に裏切られても」 監督:クリストファー・ボー 公開:2018年10月

【偏見的評価で50点】映画:パシフィック・リム: アップライジング

「世界を化け物が襲った」 「それが“KAIJYU”だ」 「人類は戦うために怪物を造った」 「巨大ロボット“イェーガー”だ」 監督:スティーヴン・S・デナイト 日本公開:2018年4月

【偏見的評価で69点】映画:リンカーン弁護士

「無実を見抜けないこと」 「気づかないことが怖かった」 「でもいま怖いのは」 「悪だ」 監督:ブラッド・ファーマン 日本公開:2012年7月

【偏見的評価で80点】映画:シンク・オア・スイム

「真の常識人は負け犬を負け犬と呼ばない」 「君には思いやりと情熱が欠けてる」 「笑顔もね」 「負け犬どもの好きにさせてくれ」 監督:ジル・ルルーシュ 日本公開:2019年7月

【偏見的評価で34点】映画:レヴェナント: 蘇えりし者

「諦めてはいけない」 「息が続く限り戦え」 「息をし続けろ」

【偏見的評価で55点】映画:ループ-時に囚われた男

「違う」 「だから抜け出せない」 「終わりにしよう」 監督:イシュティ・マダラース 公開:2016年

【偏見的評価で72点】映画:ブラッド・スローン

「生まれたばかりの時はみんな天使だ」 「だがここでは戦士か犠牲者になる」 「その中間は存在しない」 監督:リック・ローマン・ウォー 日本公開:2017年9月

【偏見的評価で76点】映画:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

「くそガーディアンズオブギャラクシーにようこそ」 監督:ジェームズ・ガン 日本公開:2017年5月

【偏見的評価で55点】映画:プリデスティネーション

「お前の人生を壊した男を差し出すと言ったら?」 「お咎めなしだとしたら…」 監督:マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ 日本公開:2015年2月

【偏見的評価で71点】映画:ゲット・アウト

「Get Out!」 「出ていけ!」

【偏見的評価で70点】映画:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

「銀河一愚かな連中と死ぬのね」 監督:ジェームズ・ガン 日本公開:2014年9月

【偏見的評価で75点】映画:イエスタデイ

「君は俺の歌に特別な何かを感じてくれた」 「でも他には誰も」 「ニックは?」 「奴は有名なアホだ」 監督:ダニー・ボイル 日本公開:2019年10月

【偏見的評価で30点】映画:複製された男

「支配」 「支配することだ」 「支配がすべて」 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 日本公開:2014年7月

【偏見的評価で38点】映画:ジョン・ウィック:チャプター2

「こんなにすぐ再開できるとは」

【偏見的評価で87点】映画:ワンダー 君は太陽

”正しいこと 親切なこと” "選ぶなら” ”親切なことことを” 監督:スティーブン・チョボスキー 日本公開:2018年6月

【偏見的評価で70点】映画:はじまりのうた

「分かった」 「いや、分かってない」 「数年不運が続いて世間は彼の価値を忘れ」 「リスペクトが消えた・・・」 監督:ジョン・カーニー 日本公開:2015年2月

【偏見的評価で50点】映画:ボーダーライン

「君が志願したのは」 「フェニックスでは何も解決できず」 「後始末ばかりだからだ」 「黒幕を捕らえたいんだろ?」

【偏見的評価で62点】映画:ボヘミアン・ラプソディ

“善き思い 善き言葉 善き行い“だ

【偏見的評価で62点】映画:イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

「時として誰も想像しないような人物が」 「想像できない偉業を成し遂げる」 監督:モルテン・ティルドゥム 日本公開:2015年3月

【偏見的評価で70点】映画:ゼロ・ダーク・サーティ

「あなたの立場上」 「“何もしないリスク”をどうお考えですか?」 「ビンラディンを取り逃がすリスクを」 監督:キャスリン・ビグロー 日本公開:2013年2月

【偏見的評価で62点】映画:交渉人

「バスが走り去っていく」 「“無茶”を乗せてね」 監督:F・ゲイリー・グレイ 日本公開:1999年7月

【偏見的評価で67点】映画:アイアンマン

「I am Iron Man」